ページの先頭です

守屋多々志美術館特別展「守屋の青春・朱夏」開催のご案内

[2017年11月3日]

特別展「守屋の青春・朱夏」

画家を志し17歳で師・前田青邨に入門し、東京美術学校に学んだ青春時代から、40歳を過ぎ念願叶い実現したイタリア留学時代頃までの作品を中心に展示します。

なお、11月3日(祝・金)~5日(日)は「岐阜~ふるさとを学ぶ日」「教育・文化週間」に協賛し入館料が無料です。

・会期 
  平成29年10月7日(土)~12月10日(日)
  ※10月7日(土)は11時の開場式のあとの開館となります。

・休館日
  
毎週火曜日、10月11日(水)、11月6日(月)、24日(金)

・主な展示作品
  ≪生田敦盛≫≪巴里の若き岡倉天心≫≪ポトマック河畔の福沢諭吉≫≪ウィーンに六段の調≫≪アンジェリコの窓≫
  ≪オランダ正月≫≪阿蘭陀正月≫≪パリスの審判≫≪ギリシャの壺≫≪イタリアスケッチ≫≪花素描≫
  ≪海軍スケッチ≫のほか学生時代のスケッチなど

・展示解説
  10月7日(土)、8日(日)いずれも午後2時から

物語挿絵 かぐやひめ

ウィーンに六段の調

巴里の若き岡倉天心

月の宴

特別展リーフ(表)

特別展リーフ(裏)

次回のご案内

企画展「西域の美」

古代中国の歴史物語を描いた作品や、日本の万葉時代を題材にした作品を紹介します。

・会期 
  平成30年1月6日(土)~3月11日(日)

・休館日
  
毎週火曜日、1月10日(水)、2月14日(水)

・主な展示作品
  ≪繭の伝説≫≪牡丹燈記≫≪水えん≫≪歌姫越え≫≪悔過(持統天皇)≫
  ≪若き日の聖徳太子≫≪中国スケッチ≫≪奈良スケッチ≫ほか

物語挿絵 かぐやひめ

繭の伝説

大垣市守屋多々志美術館ホームページトップへ

このほかの詳しい情報は大垣市守屋多々志美術館ホームページトップをご覧ください。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市教育委員会事務局守屋多々志美術館

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


守屋多々志美術館特別展「守屋の青春・朱夏」開催のご案内への別ルート

ページの先頭へ戻る