ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

このページを一時保存する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

守屋多々志美術館第92回企画展「守屋とイタリア」を開催します

  • [2023年1月21日]
  • ページ番号 2008
守屋多々志作≪ウイーンに六段の調(ブラームスと戸田伯爵極子夫人)≫

守屋多々志美術館第92回企画展「守屋とイタリア」

 この企画展は、日本と海外の交流をテーマに描いた歴史画を中心に、守屋の愛したイタリアのスケッチやイタリア古画模写を展示します。

 戦後の混乱がやっと落ち着いてきた昭和29年(1954)、守屋は難関の総理府留学生試験に合格し少年の頃からの夢のイタリア留学を42歳にして実現しました。この留学の目的は古代ローマや中世イタリアの古画の研究でした。師の前田青邨に「眺めるだけでなく自身の手で紙の上に模写することによってその作品の良さが解り、日本画の伝統的な基本技術を体得できる」と古画模写の大切さを教えられた守屋は、日本画の技法が古代ローマの壁画と共通点が多いと確信し、イタリアで壁画を実際に模写し研究したいと考えていたからです。留学中の2年間、守屋はバチカン博物館の≪アルドブランディーニの婚礼図≫やポンペイ遺跡壁画などの模写に精力をそそぎ、この経験は後の法隆寺金堂壁画や高松塚古墳壁画の模写事業に大きく生かされています。

 また、守屋はローマを拠点にイタリア各地を巡り、その景色や風俗、市井の人びとの暮らしなど五千枚にも及ぶスケッチを描いています。スケッチはすべて場所や日付が記入され、画家の留学の足跡を辿ることができる貴重な旅日記となっています。

 帰国後、守屋の画風は、留学以前の大和絵風なあっさりとした色彩表現から≪アンジェリコの窓≫のように西洋画のような質感や陰影表現を取り入れた重厚な画面構成へと変遷します。守屋はその後も自分の画風の確立を目指し数々の試行錯誤を経て、後に、日本古来の技法を芯に自分なりの新しさや感動を加味し、≪ウィーンに六段の調≫や≪巴里の若き岡倉天心≫のように日本と海外の交流という大きな視点に立った独自の歴史画の世界を切り拓いて行くのです。


開催日時

・会期  令和5年1月14日(土)~3月12日(日)

・開館時間 9時~17時

・休館日 毎週火曜日・2月13日(月)・2月24日(金)

関連事業

○展示解説 

・日 時  令和5年1月14日(土)・15日(日) 14時~
      学芸員による展示解説(事前のお申込みは必要ありません)

・スマートフォンよりご利用いただけるアプリ「ポケット学芸員」を使い、主要作品の音声ガイドを実施します。
 事前にアプリをダウンロードしてご来館いただけますと幸いです。 ⇒アプリ「ポケット学芸員」についてはこちらから
 ご利用の際は、イヤホンなどをご持参ください。

○ギャラリー演奏会「ウィーンに六段の調」箏・バイオリン演奏(別ウインドウで開く)

・日 時  令和5年2月12日(日) 11時~、14時~ ※2部制

      箏:鹿野竜靖さん(東京藝術大学)

      バイオリン:笠井文昭さん(東京藝術大学)


主な展示作品

≪ウィーンに六段の調≫≪ポトマック河畔の福沢諭吉≫≪繭の伝説≫≪巴里の若き岡倉天心≫

≪アンジェリコの窓≫≪オランダ正月≫≪パリの川上貞奴≫

≪イタリアスケッチシリーズ≫≪アルドブランディーニ家の婚礼図≫≪イタリア古画模写≫




入館料について

・入館料
 一般 300円(団体20人以上 半額150円)  ※一般入館券(個人)のみpaypayでのお支払いが可能です。 
 18歳未満 無料 (18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間を含む)   
  ※入館時に生徒手帳等をご提示ください。 
 市内在住65歳以上 無料  
  ※入館時に運転免許書、健康保険証等確認できるものをご提示ください。
 身体障害者手帳、療育手帳及び精神障害者保健福祉手帳の所持者並びに当該所持者の介護者 無料
  ※入館時に手帳をご提示ください。 
 通訳案内士の資格を有する者が外国人に同行して通訳業務を行うため入場する場合 無料 
  ※入館時に通訳案内士登録証をご掲示ください。   
 当館、大垣城、郷土館、奥の細道むすびの地記念館の四館共通券は一般 600円 (団体20人以上 半額300円)

次回企画展 第93回企画展「王朝の美」のご案内

源氏物語を四季の花々に託した≪花源氏≫、扇面に源氏物語を描いた源氏物語シリーズを中心に華やかな女性や花をテーマに描いた作品を展示します。

・会期  令和5年3月18日(土)~5月14日(日)

・休館日  毎週火曜日(3月21日、28日、4月4日は開館)、3月22日(水)、5月1日(月)、5月8日(月)

・主な展示作品  
≪王朝≫≪願わくば≫≪楊四娘≫≪思い出の五色酒≫
≪花源氏≫≪桃ひらく≫≪朧月夜の君≫ほか

・その他お問い合わせは守屋多々志美術館(0584-81-0801)まで

新型コロナ感染防止について

・なお、新型コロナウイルス感染症対策のため、ご来館者には次のとおりお願いしております。
 新型コロナウイルス感染症対策について
 新型コロナウイルス感染症対策についてご来館の皆さまには、ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解、ご協力をお願いいたします。

第92回企画展・第93回企画展リーフレットはこちらから

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

令和5年度の展覧会のご案内

大垣市守屋多々志美術館ホームページトップへ
このほかの詳しい情報は大垣市守屋多々志美術館ホームページトップをご覧ください。

お問い合わせ

大垣市教育委員会事務局守屋多々志美術館

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

Copyright (C) Ogaki City All Rights Reserved.