ページの先頭です

墨俣一夜城(大垣市墨俣歴史資料館)

[2016年4月14日]

墨俣一夜城について

墨俣一夜城(墨俣歴史資料館)の写真

 永禄9年(1566年)、木下藤吉郎(のちの豊臣秀吉)が一夜にして築いたと伝えられる墨俣一夜城。その城跡に、当時の砦のような城ではなく、城郭天守の体裁を整えた墨俣一夜城(歴史資料館)が、平成3年4月に開館しました。
 史実については、太閤記や断片的資料で概要を知る程度でしたが、昭和52年に愛知県江南市の旧家に伝わる前野家古文書の中から、墨俣一夜城に関する貴重な資料が紹介され、その全貌が明らかになってきました。
 墨俣一夜城(歴史資料館)では、この資料に基づいて墨俣築城と秀吉の歩んだ道を中心とした展示構成とし、太閤・秀吉についての学習の場として広く活用していただけるようになっています。

住所

 〒503-0102
 大垣市墨俣町墨俣1742-1

電話

 0584-62-3322

開館時間

 9時00分から17時00分まで(入館受付は16時30分まで)

休館日

  • 月曜日(その日が祝日にあたるときはその翌日)
  • 祝日の翌日(その日が日曜日にあたるときはその翌々日とし、その日が月曜日にあたるときはその翌日、その日が土曜日にあたるときはその翌週の火曜日)
  • 年末年始(12月29日から1月3日)

入館料

  • 一般200円(団体20人以上150円)
  • 18歳未満無料(18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間を含む)
  • 身体障害者手帳、療育手帳及び精神障害者保健福祉手帳の所持者並びに当該所持者の介護者は無料。                                         ※入館時に手帳を提示してください。

交通

地図

○バス
 JR大垣駅南口2番のりばから発車の名阪近鉄バス岐阜聖徳学園大学行きに乗車、「墨俣」で下車、徒歩12分
 JR岐阜駅6番のりば、名鉄岐阜駅1番のりばから発車の岐阜バス墨俣行きに乗車、終点「墨俣」で下車、徒歩12分

○自動車
 名神高速道路岐阜羽島インターチェンジから20分
 名神高速道路大垣インターチェンジから30分


ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市教育委員会事務局文化振興課[北庁舎3階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


墨俣一夜城(大垣市墨俣歴史資料館)への別ルート

ページの先頭へ戻る