ページの先頭です

赤坂港会館

[2016年10月3日]

赤坂港会館

赤坂港跡の写真

 
 川を交通の手段としていた1900年初期ごろ、川港の赤坂港には500艘を超える船が往来したといわれます。この地域は、古くから石灰や大理石産業が盛んで産業の町としてにぎわいを見せていました。赤坂港会館では、当時の様子などが紹介されています。

住所

 〒503-2213
 大垣市赤坂町2939番地

開館時間

 9時00分から17時00分

開館日

 土曜日・日曜日及び祝日

入館料

 無料

交通

地図

○鉄道
 JR東海道本線美濃赤坂駅から徒歩10分
○バス
 JR大垣駅南口1番のりばから発車の名阪近鉄バス消防赤坂分署行きに乗車、「赤坂港跡」下車
○自動車
 東海環状自動車道大垣西インターチェンジから10分
 名神高速道路大垣インターチェンジから30分

展示内容

史跡「赤坂港跡」、中山道「赤坂宿」、旧金生山化石館、赤坂金生山の化石、赤坂の大理石、赤坂の石灰、赤坂いまむかし

お問い合わせ

大垣市教育委員会事務局文化振興課[北庁舎3階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム