ページの先頭です

建築基準法による中間検査の実施について

[2016年5月25日]

中間検査制度の目的

阪神・淡路大震災で多くの建築物が倒壊し、建築物の安全性確保の必要性が改めて認識されたため、従来の建築確認と完了検査だけではなく、完了検査時には見えなくなる軸組等を含め、建築基準関係規定に適合するように工事施工中での検査を実施するものです。

中間検査制度の概要

中間検査の対象となる建築物の工事において、市が定める特定工程の工事を完了した段階で、建築主事の検査を受けて合格しなければ、特定工程後の工程の工事を施工することはできません。

市では、以下のような指定を行っております。

中間検査を行う区域

大垣市全域

中間検査を行う期間

平成28年6月20日から3年間

指定する特定工程及び特定工程後の工程

新築、増築または改築に係る部分が次のいずれかに該当する建築物
指定する特定工程及び特定工程後の工程
対象建築物特定工程特定工程後の工程

1.主要構造部を木造(枠組壁工法等を含む。)としたもので、地階を除く階数が3以上の一戸建て住宅(兼用住宅にあっては、延べ面積の1/2以上が住宅であるものに限る。)

(木造)
木造の軸組若しくは耐力壁及び屋根工事
構造耐力上主要な部分である木造部分を覆う内装工事、外装工事及び防火被覆工事
2.法別表第一(一)の項から(四)の項までの(い)欄に揚げる用途に供する部分(共同住宅の用途に供する部分を除く)の床面積の合計が300平方メートルを超え、かつ、地階を除く階数が3以上のもの


3.共同住宅で階数が3以上のもの


















(ア.木造)
木造の部分において、初めて工事を施工する階の建方工事
構造耐力上主要な部分である木造部分を覆う内装工事、外装工事及び防火被覆工事(屋根葺き工事を除く)
(イ.鉄骨造)
鉄骨造の部分において、初めて工事を施工する階の建方工事
構造耐力上主要な部分である鉄骨造部分を覆う内装工事、外装工事及び防火被覆工事(屋根葺き工事を除く)
(ウ.鉄筋コンクリート造)
2階の床及びこれを支持するはりに鉄筋を配置する工事
2階の床及びこれを支持するはりに配置された鉄筋をコンクリートその他これに類するもので覆う工事
(エ.鉄骨鉄筋コンクリート造)
2階の床及びこれを支持するはりに鉄筋を配置する工事
2階の床及びこれを支持するはりに配置された鉄筋をコンクリートその他これに類するもので覆う工事
(オ.プレキャスト鉄筋コンクリート造)
2階の床版の取付工事
2階の床版と壁の相互を接合する部分を覆う工事

備考

  1. 組積造、補強コンクリートブロック造その他これらに類する構造にあっては、上表(ウ)欄を適用する。

中間検査申請の手続き

指定された特定工程の工事を終えた日から4日以内に「中間検査申請書」を提出することになります。
申請書の添付図書や内容および検査日程等について調整を行いますので、特定工程の工事到達予定日の概ね1週間前になりましたら建築課建築指導グループまでご連絡ください。

  • 指定確認検査機関へ申請される場合の手続きは、提出機関へお問い合わせください。
  • 中間検査申請書の添付書類(工事監理状況報告書等)の各様式はこちらからダウンロード出来ます。

中間検査の公示

平成28年 大垣市公示第55号

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市都市計画部建築課[東庁舎2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


建築基準法による中間検査の実施についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る