ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

このページを一時保存する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

低入札価格調査制度の一部改正について

  • [2021年7月1日]
  • ページ番号 54397

 大垣市では、品質確保やダンピング受注による下請業者へのしわ寄せ防止のため、低入札価格調査制度を設けています。
 こうしたなか、国では、手抜き工事・下請けしわ寄せ・契約不履行を防止し、技能者の賃金引上げ、ひいては、建設業の担い手確保につなげるため、地方自治体にダンピング対策の強化を求めています。
 このため、低入札を防ぎ、地域経済及び地域社会の健全な発展につなげるため、低入札価格調査制度の一部改正を行います。

改正内容

 ・ 追加配置技術者を「兼任」から「専任」に変更

 ・ 契約保証額を請負金額の1割以上から3割以上に変更

 ・ 前払金を請負金額の4割以内から2割以内に変更

 ・ 中間前払金を請負金額の2割以内から1割以内に変更

 ・ 違約金を請負金額の1割から3割に変更

 ・ 工事完成時に下請代金の支払状況を証する書類を大垣市へ提出

施行期日

 令和3年7月1日

要綱

大垣市低入札価格調査制度実施要綱

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

国の取り組み

技能労働者の処遇改善に向けた環境整備のための適正な入札及び契約の実施について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

Copyright (C) Ogaki City All Rights Reserved.