ページの先頭です

令和元年度第4回「街のアーティストフェスタ」を開催しました

[2020年2月10日]

市民活動推進課 /  街のアーティストフェスタ > 令和元年度第4回「街のアーティストフェスタ」を開催しました

 

アーティストフェスタの様子

 大垣市では、市民の皆さんが社会参加や地域貢献などを通して、自己実現や生きがいを実感でき、一人ひとりがかがやけば、まちもかがやく「かがやきライフタウン構想」を推進しています。この構想を一層推進するため、市民の皆さんの生涯学習や市民活動へのきっかけづくりとなる、令和元年度第4回「街のアーティストフェスタ」を開催しました。

とき

 令和元年12月7日(土)・8日(日)

ところ

 大垣市多目的交流イベントハウス1階・展示室(大垣市郭町2丁目28番地)

内容

作品展示

アトリエまゆみ

 新聞を使ったちぎり絵作品を展示していただきました。リースやサンタクロース、ポインセチアなどのかわいらしい作品が、クリスマスムードを盛り上げてくれました。どの作品も新聞でできているとは思えない繊細な色合いが表現されており、来場者の皆さんも足をとめて見入っていました。

福和家

 古布を使用したさまざまな作品を展示していただきました。古布ならではの質感や色彩を生かした掛け軸風のタペストリーや羽子板、来年の干支の「子」をモチーフにした作品など押し絵の技法で、ひとつひとつていねいに作られていました。来場者の皆さんも、和の雰囲気に浸っていました。

和紙ちぎり絵しゅんこう

 日本の手すき和紙を用いて、四季折々の自然や風景、風物詩を描くちぎり絵。「ちぎる・剥ぐ・貼る」といった手法を使用した手すき和紙独特の風合いと温かみのある作品を展示していただきました。来場者の皆さんも、やさしさがあふれた作品に心癒されたでしょう。

ステージ発表

三味線 金森星寿会

 1日目のステージ発表のトップバッターは、三味線 金森星寿会の皆さんによる三味線演奏。かがやき成人学校の講師としても活躍されている金森星寿さんを中心に活動されています。「東京五輪音頭」や「コキリコ節」、「あばれ太鼓」など唄をまじえ、息の合った演奏を披露していただき、会場の雰囲気を一気に盛り上げていただきました。

大垣アマチュアマジシャンズクラブ

 大垣アマチュアマジシャンズクラブの皆さんによる、マジックを披露していただきました。矢印の向きが変わるおもしろマジックやシルクハンカチを使ったもの、つなぎ目のないはずのリングがつながったり、外れたり、また色々な形に変化するなど次々と繰り広げられるマジックに、会場の皆さんは驚きの連続でした。

箏曲「あかねの会」

 箏曲「あかねの会」の皆さんによる、箏の演奏を披露していただきました。華やかな衣装に身を包み、「さくら21」や「エリーゼのために」などさまざまなジャンルの曲を演奏していただきました。美しい日本の「和」の響きに、会場の皆さんもうっとりと聴き入っていました。

キッズダンス

 1日目のステージ発表を締めくくったのはキッズダンスの皆さん。「テイクアウェイ」の曲にのせて、創作ダンスを披露していただきました。ステージでの発表ははじめてということで、緊張も見られましたが、最後まで自信をもって踊っていただきました。しなやかな動きと力強い動きがミックスされたダンスに、会場からは大きな拍手が送られていました。

舞レク大垣

 2日目のトップバッターは、舞レク大垣の皆さんによるレクダンス。色とりどりの衣装を身にまとい、美空ひばりショーと称して「お祭りマンボ」や「東京キッド」、「素敵なランデブー」など曲に合わせたダンスを披露していただきました。最後は、来場者にもハンカチが配られ、「高原列車は行く」をハンカチを振りながら全員で楽しく歌いました。

大垣レクレーションマジック研究会

 大垣レクレーションマジック研究会の皆さんによるマジックショー。身近なシルクハンカチやロープを使ったマジックなど、あっと驚くマジックを披露していただきました。一瞬の技に会場からは驚きの声とともに、大きな拍手が送られました。日ごろの練習の成果が、発揮できたのではないでしょうか。

OSアンサンブル風

 OSアンサンブル風の皆さんによる、尺八、ギター、ハーモニカのアンサンブルを披露していただきました。「青い山脈」や「ああ人生に涙あり」など、和楽器と洋楽器の美しいハーモニーを響かせていただきました。会場の皆さんを巻き込んで、一緒に合唱する場面もあり、大いに盛り上がりました。

ゲスト演奏

安立優美

 1日目のゲスト演奏は、大垣市在住のソプラノ歌手の安立優美さんによるステージ。葭田美香さんのピアノ伴奏で、「サンタ・ルチア」や「アヴェ・マリア」、「オー・ソレ・ミオ」のほか、クリスマスが近いということもあり「ホワイト・クリスマス」などクリスマスソングも披露していただきました。美しい歌声と豊かな表現力で、会場の皆さんを魅了していました。会場からは、惜しみない拍手が送られ、アンコールにも応えていただきました。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          

伊藤ノリコ

 2日目のゲスト演奏は、大垣市出身で大垣市制100周年記念 おおがきの歌「これまでからこれからへ」のボサノヴァバージョンを担当していただいたボサノヴァ歌手の伊藤ノリコさんと日本を代表するギタリストの宮野弘紀さん、パーカッショニストの秀さんを交えてのボサノヴァライブ。「コパカバーナの土曜日」や「アマゾネス」、「イパネマの娘」などを披露していただきました。会場は穏やかなハーモニーと柔らかな歌声に、リラックスした雰囲気に包まれていました。アンコールでは、おおがきの歌も披露していただき、素晴らしいステージになりました。

第4回街のアーティストフェスタチラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

大垣市市民活動部市民活動推進課[2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム