ページの先頭です

株式会社ゼンリンと災害時における地図製品等の供給に関する協定を締結しました

[2019年5月20日]

協定書に調印する荒木支社長(左)と小川市長(右)

 災害時には、迅速な応急復旧対策を図る必要がありますが、他方では情報が錯綜・混乱します。そこで一刻も早い被害情報の的確な把握が求められます。

 こうした中、株式会社ゼンリンは被災場所や交通網の状況の正確な把握などに寄与するため、全国の自治体と協定を通じた災害時における地図製品等の供給活動を実施しており、本市と協議を進めてきたところ、合意に至ったため、この度、次のとおり協定を締結しました。

締結式

  1. と き   令和元年5月20日(月) 

  2. ところ   大垣市役所 市長室

  3. 出席者   荒木康博(株)ゼンリン中部支社長、小川敏大垣市長 ほか

主な協定内容

  1. 住宅地図及び広域図の市への事前備蓄
  2. 住宅地図インターネット配信サービス「ZNETTOWN」の提供
  3. 災害時における地図製品の複製許諾
  4. 平時における情報交換の実施

お問い合わせ

大垣市生活環境部危機管理室[2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム