ページの先頭です

人権創作劇が行われました!(下多良コミュニティセンター)

[2019年11月26日]

人権創作劇が行われました(下多良コミュニティセンター)

 

  令和元年6月19日(水)、下多良コミュニティセンター(上石津町下多良)で、人権擁護委員による人権創作劇が上演され、地域の皆さん20人が鑑賞しました。

 創作劇のタイトルは、「モモタロー・ノー・リターン」で、朗読劇のスタイルで上演されました。この劇は、おなじみの桃太郎のお話を、男女共同参画という現代の視点でアレンジしたものです。

 お話は、おじいさんとおばあさんの仕事の交替から始まります。これによって、おじいさんはおばあさんの仕事の大変さに気付かされます。桃から出てきた子も、男の子でなく女の子で「桃子」と名付けられます。桃子は、木登りしたり剣の練習をしたりするので、おじいさんが「女の子らしいこと」を勧めます。しかし、おばあさんは言います「男らしいとか、女らしいとか、誰が決めるのか。世の中が変われば、常識も変わる」。やがて、桃子は鬼が島に行き、男性社会であった鬼の世界を変えます。

 劇を鑑賞した皆さんは、男女共同参画について理解を深められたのではないでしょうか。


    あいさつをする人権擁護委員

     朗読劇を行う人権擁護委員

男女共同参画の解説に耳を傾ける参加者

お問い合わせ

大垣市市民活動部人権擁護推進室[2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム