ページの先頭です

介護保険負担割合証について

[2015年8月1日]

介護保険負担割合証が交付されます

 平成27年8月から65歳以上で「一定以上所得者」は介護保険サービスを利用するときの自己負担が1割から2割になります。それにともない、要支援・要介護認定を受けた方全員に負担割合(1割または2割)が記載された「介護保険負担割合証」が交付されます。

負担割合証が交付される方

 要支援・要介護認定をお持ちの方全員に交付します。介護保険被保険者証と一緒に保管し、介護保険サービスを利用する際には、必ずサービス事業者へ提示してください。

※負担割合が2割に変更となる対象は、65歳以上の第1号被保険者の方となりますが、64歳以下の第2号被保険者の方にも負担割合証を交付します。

 

 今後、新規申請される方、現在新規申請中の方については、暫定でサービスされることを考慮し、事前に負担割合証を交付しますが、介護保険認定結果が非該当になった場合は、保険適用外となり介護サービス費は実費となりますので、ご留意願います。

2割負担の対象になる方

(1)2割負担の判定基準
 65歳以上の被保険者で市民税に課税されており、合計所得金額が160万円以上の方
 (ただし、第1号被保険者の年金収入+その他の合計所得金額が単身で280万円未満、第1号被保険者が2人以上いる世帯で346万円未満の場合は、1割負担に戻します。また、2割負担となるのは基準以上の所得を有する本人のみとなり、同一世帯でも負担割合が異なることがあります。)

 

(2)適用期間
 介護保険負担割合証の適用期間は、8月1日から翌年の7月31日までとなります。
※負担割合証は、毎年発行されます。
※所得更正が行われたことにより負担割合が変更となる場合は、8月1日に遡及して更正後の負担割合が適用されます。
※世帯構成の変更により負担割合が変更となる場合は、変更が生じた翌月(変更が月の初日の場合は、その月から)から新たな負担割合が適用されます。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市福祉部高齢介護課[1階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る