ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

このページを一時保存する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

可燃ごみ処理券

  • [2022年11月22日]
  • ページ番号 1884

大垣市では、ごみ減量化の施策として、「もえるごみ」と「大型ごみ」の収集には、「ごみ処理券」を貼って出していただいています。

可燃ごみ処理券の種類

1 無料可燃ごみ処理券

2 有料可燃ごみ処理券

  • 無料シールを使い切ったときや、大垣市に住民登録のない方は、「有料可燃ごみ処理券」(1枚150円)を購入してご利用ください。
  • 使い方は、無料シールと同じです。
  • 有料ごみ処理券は、お近くのスーパー、コンビニ、農協などでご購入ください。
  • 販売店についてはこちらをご覧ください。
  • 事業所で、一般廃棄物(可燃ごみ)の排出量が1日あたり10kg未満の場合は、有料シールを貼付して収集に出すことができます。(※自治会等が管理している「ごみステーション」へ排出される場合は、ごみステーション管理者(自治会等)の許可を受けてください。

可燃ごみ処理券の使い方

  • 可燃ごみ処理券は、「もえるごみ」のごみ袋1つに1枚貼ってください。
  • 大きなごみ袋に2枚以上貼ってあっても収集しません。
  • 「もえないごみ」や「大型ごみ」などには貼らないでください。貼ってしまってもシールをお返しできませんので、ご注意ください。「大型ごみ」には、専用の「大型ごみ処理券」を貼ってください。
  • シールを直射日光のあたる場所に長時間おいておくと、粘着力が弱くなる場合があるのでご注意ください。また、寒冷期やぬれた袋には貼りにくいので、あらかじめ袋にシールをはっておくなど、シールがはがれないようにご協力をお願いします。
  • 「もえるごみ」の袋は、容量45リットル以内(概ね80cm×70cm程度)、透明・半透明(新聞の文字が読める程度の透明度)の市販のごみ袋をお使いください。 
  • ごみ袋一つの重さは、10kg以内にとどめてください。
  • ごみ袋の口は、ガムテープなどで止めたりせず、必ず結んでください。
  • 事業活動に伴って出るごみに「無料可燃ごみ処理券」は使えません。「有料可燃ごみ処理券」をご利用ください。自治会等が管理している「ごみステーション」へ排出される場合は、ごみステーション管理者(自治会等)の許可を受けてください。(1日10kgまでで1袋につき有料可燃ごみ処理券1枚を貼ってください。)

無料可燃ごみ処理券

(家庭用)無料シール

※ 年度ごとに色が変わります

  • 大垣市に住民登録された家族構成に応じて、次の表の枚数(1年分)をお渡しします。
家族構成人数に応じた配付枚数(1年分)
家族構成1人 2~3人4~5人 6~7人 8人以上
 シール枚数
1シート5枚綴
 80枚
(16シート)
 90枚
(18シート)
 120枚
(24シート)
 130枚
(26シート)
 140枚
(28シート)
  • 無料シールは、毎年3月中に1年分(表の枚数)をお渡しします。
 〈自治会に加入されている方には・・・〉

   ⇒ 自治会をとおしてごみシールを配布します

 〈自治会に加入されていない方には・・・〉

   ⇒3月中旬に「交換用ハガキ」を郵送いたします。

    ハガキと引き換えに、市役所2階 環境衛生課または、お近くの市民サービスセンター、各地域事務所などで、ごみシールをお受け取りください。


※ 無料シールや引き換えハガキが届かない場合は、クリーンセンター計画総務グループ(電話:89-9278)までお問い合わせください。


  • 無料シールがお手元に届きましたら、枚数をご確認ください。

  ・無料シールは、再交付や追加交付はできません。大切に保管して、計画的にお使いください。

  ・使用期限(年度:4月1日~翌年3月31日)があります。


  • 無料シールを使い切ってしまった場合は、赤色の「有料可燃ごみ処理券」(1枚150円)ご購入してお使いください。

  ・丸まったり破れたりして使えなくなった場合は、各窓口にて現品と引き換えます。

  ・市内で引越しをされる場合は忘れずにお持ちください。

  ・市外に転出される場合は、窓口サービス課または、各窓口へお返しください。


【引き換え・返却窓口】 クリーンセンター、環境衛生課(市役所2階)、各地域事務所及び支所、各サービスセンター


福祉用シール

無料シールと共通デザインです。寝たきりのお年寄りや障がいのある方がおいでのご家庭で、紙おむつなどを使用するため無料シールが不足する場合は、年間50枚まで「福祉用シール」として追加交付できます。

  • 普通の可燃ごみ処理券と同じ要領でお使いいただけます。
  • 紙おむつなどを捨てるときは、汚物を取り除いてください。
  • 無料シールと同じように使用期限(年度:4月1日~翌年3月31日)があります。
  • 福祉用シールの交付対象となる条件や交付手続き(民生委員さんなどの証明が必要になります)など、詳しくは、クリーンセンター、大垣市社会福祉協議会にお問い合わせください。

【交付窓口】 大垣市社会福祉協議会(大垣市総合福祉会館内/電話78-8181)

乳児用シール

子育て支援の一環として、乳児家庭に追加交付するものです。

  • 大垣市に出生または、転入を届け出た0歳児(乳児)に届出窓口で交付します。
  • 交付枚数は50枚です。追加交付はありません。
  • 普通の可燃ごみ処理券と同じ要領でお使いいただけます。紙おむつなどを捨てるときは、汚物を取り除いてください。
  • 使用期限はありません。(年度当初に配布される無料シールをはじめにお使いいただき、不足が生じたら、乳児シールをお使いいただくと、有効に利用できます)

【交付窓口】 窓口サービス課(市役所1階)、各地域事務所及び支所、各サービスセンター、各支所(上石津地域)


お問い合わせは クリーンセンター計画総務グループ/電話 89-9278へ

団体用シール

  • 無料シールと同じ色です
  • 団体シールは、3月に翌年度分を、自治会の世帯数に応じてお渡ししています。
  • 不足が生じたときは、自治会長の申請で追加配布します。

    【申請先】クリーンセンター、環境衛生課(市役所2階)

         各地域事務所及び支所、サービスセンター

  • 地域事務所及び支所、サービスセンターについては、ご申請いただいてから受け取りまでに数日かかる場合がありますので、ご了承ください。
  • 町内清掃など、自治会活動で出たもえるごみを、ビニール袋に入れるか、ひもでくくるなどして、団体シールを貼り、ステーションに出してください。
  • 大量にゴミが出るときは、あらかじめクリーンセンターにご相談ください。
  • もえるごみ以外のごみには、使用しないでください。
  • もえないごみ、資源ごみ、有害ごみなどは、それぞれのルールに従って出してください。
  • 大型ごみは、クリーンセンターにご相談ください。
  • 自治会活動以外のごみ(家庭ごみ・事業ごみ)には使用しないでください。

お問い合わせは クリーンセンター計画総務グループ/電話 89-9278へ

お問い合わせ

大垣市生活環境部クリーンセンター

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

Copyright (C) Ogaki City All Rights Reserved.